家賃の不払いや滞納リスク

模型

確実に家賃収入が得られる

マンションやアパートなどの収益物件を経営して副収入を得るといったサイドビジネスは、安定的かつ長期的な家賃収入が期待できることから多くの人たちに注目されている投資方法です。しかしながら、収益物件を経営するにあたっては注意点があります。それは家賃の不払いや滞納といったリスクについてです。もしも、賃貸の物件に入居をしている人が家賃の不払いや滞納をしてしまった場合、当然のことながら期待していた家賃収入が途絶えてしまうことになります。もしも、そのような事態になってしまったとしたら住宅ローンの返済に影響が出てしまうことになりかねません。そこで近年では収益物件を経営している人の多くが家賃債務保証会社の利用を始めています。家賃債務と不払いや滞納などによってまだ支払われていない家賃のことを指しますが、家賃債務保証会社はそのような支払われていない家賃を賃貸物件への入居者に代わって立て替えるというのが役割となっています。家賃債務保証会社は賃貸物件の賃貸借契約を結ぶ際に一定の割合の保証料を契約者に請求し、万が一、家賃の不払いや滞納があったときには契約者の代わりに家賃の支払いを行います。そのため、家賃保証会社を介して賃貸借契約を結ぶ収益物件の経営者は期待していた家賃が支払われないというリスクを回避することができます。また、賃貸物件の入居を希望する側としても家賃債務保証会社を利用すれば連帯保証人を用意せずに賃貸借契約を結べるというメリットがあります。