二種類ある管理業務

集合住宅

入居者管理と物件管理

マンション管理を行うのは賃貸経営を行う上で欠かせない業務です。平たく管理と言っても入居者管理と物件管理の二種類があり、両方を行わなければ賃貸経営による収入を得続けることは困難になります。入居者管理とはマンションに対する入居者に対する業務です。入居者の募集や入居手続き、退去手続きといった住人の出入りに関するものが代表的でしょう。宣伝広告を行って空室対策をするのも重要な業務です。また、住人のトラブルへの対応や苦情処理なども入居者管理の範疇であり、マンション管理を行う上では欠かせません。広く入居者を探すところから出ていくところまでをカバーする管理業務と言えます。物件管理とはマンションそのものについて維持を行うための業務です。マンション管理と言うとこちらを想像する人も多いでしょう。日常的に必要になる清掃や設備の点検だけでなく、マンションの修繕も必要に応じて実施しなければなりません。自然にマンションは劣化していってしまうため、その進行を食い止めるように修繕を適宜行い、長期的に使用できる状態を維持することが目的です。それに加えて住人にとって快適なマンションにできるように投資を行うことも含まれます。マンション管理ではこの二種類の管理を行うのが基本的な仕組みです。全てをオーナーが担う必要はなく、業者に委託して実施してもらうこともできます。一切を委託して経営できるサービスも提供されているのが現状です。