模型

違いを理解しよう

不動産投資にはアパート経営とマンション経営があります。比較的少ない投資資金で始めることができるのはマンション経営です。不動産投資をこれから始めようとしている人や少額から投資をしたいという人にはマンション経営が向いています。

模型

家賃の不払いや滞納リスク

家賃債務保証会社を利用すれば家賃の不払いや滞納などの想定外のリスクに対処をすることができます。また、賃貸物件への入居を希望する側にもわざわざ連帯保証人を探さずに賃貸借契約を結べるという大きなメリットがあります。

集合住宅

二種類ある管理業務

マンション管理では広く入居者の募集から退去までの諸々の手続きを行う入居者管理と、マンションそのものを長く快適に使用できるようにするための物件管理があります。必要に応じて業者に委託して行うことも可能です。

大きな投資で稼ぐ方法

お金と背広の人

一棟を手に入れて経営

一棟買いによるマンション経営は不動産投資としては高額投資に分類される方法です。大きな資産を投入して継続的に高い家賃収入を得ることが目指すのが基本となります。一棟買いではマンションを部屋ごとではなく全体で購入するのが特徴であり、一つ一つの部屋ではなく建物全体を活用するのが基本的な仕組みとなる不動産投資の方法です。この場合には部屋を整えるだけでなく、マンション全体の管理を行う必要が生じますが、それを活用して入居者募集を行う自由もあります。マンションに垂れ幕を付けて宣伝広告を行うことも可能であり、マンションを購入して間もなくの頃に大々的な宣伝を行って入居者を募るには効果的な方法でしょう。一棟買いでは部屋数が多いために初期に積極的に入居者を募集しなければなりません。購入価格も高額になりがちなので、速やかに入居者を獲得して空室率を低い状態で維持し続けることが大切になります。空室対策で努力が必要になるのは確かではあるものの、それに見合った収入も得られ、ローンの返済が終われば大きな収入源になるのは一棟買いの魅力です。大きな投資をして将来的には継続的に生計を立てられるような収入を得られるようにしたいという人にとって効果的な投資方法となります。そのためには計画性も重要であり、長期的に維持ができるマンションを手に入れて定期的な修繕を行っていくことが大切です。それができて大きな資産形成ができるのが一棟買いの特徴になっています。